「どうしてこうなった」中国を台頭させたアメリカのリスク回避

『米中覇権競争と日本』著者、三船恵美氏に聞く#2
ライター・編集者

サキシル経済安保ページ第1弾の特集。このほど『米中覇権競争と日本』(勁草書房)を上梓した三船恵美・駒澤大学教授にインタビュー。中国のTPP加盟申請の狙いや、日本がどう向き合うべきかをお聞きします。

2013年G20でのオバマ大統領と習首席の会談(ホワイトハウス公式アーカイブ)

なぜアメリカは中国を見誤ったのか

――中国の外交戦略は鄧小平時代の「韜光養晦」(とうこうようかい)から徐々に積極政策に出て現在に至ります。しかしオバマ政権期は、アメリカは「中国の成長はチャンス」とみる向きが強くありました。なぜこのような見誤りが生じたのでしょうか。

この記事は会員限定です。ぜひご登録いただき、続きをお読みください。サブスクなら読み放題です。
タグ: , ,

関連記事

編集部おすすめ

ランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

人気コメント記事ランキング

  • 週間

過去の記事