後藤田正純氏まさかの落選で、妻・水野真紀さん「意味深」ブログ

「勘弁してください」「いい加減にしてください」...

衆院選徳島1区で8選を目指していた自民・後藤田正純氏が選挙区ではまさかの敗戦となった。後藤田氏は比例でなんとか復活当選したが、後藤田氏といえば、妻で女優の水野真紀さんが選挙で献身的な応援をしていたことでおなじみだ。ところが今回の選挙には、水野さんが応援に入らないという“異常事態”があったようだ。

水野真紀さんに一体なにがあったのだろうか。水野さんはこれまで夫の後藤田からも「完璧すぎて怖いくらい」といわれてしまうほどに“完璧な妻”であった。

水野真紀さん(写真:Motoo Naka/アフロ)

「限界です」意味深ブログ

水野さんはこれまで、週刊誌で夫の不倫騒動が話題で騒がれても、夫の不貞を許し、変わらず選挙を献身的に手伝ってきた。現役の女優であるにも関わらず、徳島の選挙区に出向き自転車で選挙区をまわった。選挙区民には「水野さんが、ノーメイクで自転車に乗って、こんにちはー!って来るんです。テレビで見る雰囲気と違って、頑張っているのを見ると応援したくなる」などといわれていた。これまでの後藤田氏の票に、“水野票”が入っていることは紛れもないことだっただろう。今回の選挙で後藤田氏の劣勢が報じられて、起死回生への重い期待が水野さんに降り掛かってきたことは、想像に難くない。

そんな水野真紀さんが今回、夫の選挙を手伝っていない。背景にどんな事情があったかは定かではないが、水野さんのブログ「女優的養生訓~老い支度の巻~」をみてみると、今月の投稿のタイトルに、現状の心境が感じ取れる様子があるのだ。

「ほっといてください」(10月11日)

「勘弁してください」(10月18日)

「いい加減にしてください」(10月25日)

水野真紀さんのブログより

選挙応援を拒否する彼女の気持ちを記した書き込みなのかと思いきや、そうではない。書き込みの内容はあくまで料理にまつわるものだ。

「渋皮煮ってのが存在するのだから、渋皮が少々残っても文句はいわせないわ。これくらいで勘弁してください。限界です」

このように、あくまで書き込みは、栗ご飯の炊き込みなど料理にまつわるものなのである。とはいえ、「これくらいで勘弁してください。限界です」との表現は、水野さんの貢献を望む後援会などに向けてのメッセージなのか…。つい邪推してしまいたくなる。

これ以前のブログのタイトルは「ハンカチ王子ありがとう」(10月4日)、「茹で落花生」(9月27日)などと穏やかな表現だ。直近のブログの表現がいかに“荒れて”いるかはよく分かる。

夫の選挙での危機が伝えられる中で、真紀さんが選挙応援を拒否していた現状を考えると、“拒否”ワードを示したタイトルの言葉と、これらのタイトルには意味深なメッセージが込められているようにも思えてしまう。

当選翌朝「いろいろありますよ」

女優でもあり、代議士の妻である真紀さんが、ストレートに夫の選挙でかけられるプレッシャーに対して愚痴や反論を活字にすることは出来ないだろう。遠回しに、ある意味ダイレクトに、後援会からの彼女に対してかけられる選挙応援のプレッシャーにたいして、断固拒否する彼女の心情を表しているようにも思えてならない。荒んだ心で精一杯のメッセージを送っている風に読み取ってしまうのは、勘ぐり過ぎだろうか?

夫の落選が報じられた選挙翌日の11月1日、ブログが更新された。

タイトルは「いろいろありますよ」

内容は、アボカドの調理に苦心したという内容だが、やはり意味深だった。

ブログタイトルの真意は、もちろん分からないが、夫の選挙区での落選に、心中穏やかではないことは確かだろう。

関連記事

編集部おすすめ

ランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事