イーロン・マスク氏「ドージコイン決済導入」発言に急騰で「規制強化必要」の声も

“うかつ”なツイートいつまで...
ライター/SAKISIRU編集部
イーロン・マスク氏(NORAD and USNORTHCOM Public Affairs/public domain)

米テスラの一部商品が、暗号資産(仮想通貨)「ドージコイン」で購入できるようになる見通しだ。同社CEO(最高経営責任者)のイーロン・マスク氏が、14日、以下のようにツイートした。

「Tesla will make some merch buyable with Doge & see how it goes(テスラは一部の商品をドージコインで買えるようにし、うまくいくか見てみることにする)」

このツイートには、わずか15時間あまりで29万件超の「いいね!」がつき、リツイート件数は4.5万件に上る。マスク氏のツイートを受け、ドージコイン価格は急騰。日本時間14日10時の段階では1ドージコイン=17.99ドルだった価格は、12時には1ドージコイン=24.07ドルまで急騰した。わずか2時間の間に、ドージコインの価格は33%も上昇したのだ。

マスク氏はこれまでにも主にツイッターで、仮想通貨価格の乱高下にたびたび「貢献」してきた。記憶に新しいのが、今年3月から6月にかけてマスク氏が巻き起こしたビットコインをめぐる騒ぎだ。今年3月にマスク氏は、テスラ製品のビットコインでの購入を認めることをツイッターで示唆。1月には1ビットコイン=約2万9400ドルだったのが、4月には1ビットコイン=6万4899ドルにまで上昇した。

ところが、5月になって計画を撤回。撤回発表直後には、ビットコイン価格が約12%下落している。と思いきや、6月にはビットコインの受け入れ再開をまたしてもツイッターで表明。すると、ツイート翌日には、ビットコイン価格は前日比12.5%高の3万9400ドル超に上昇している。

自分の一つのツイートだけで簡単に仮想通貨の価格が乱高下することが分かっているだろうに、たびたび“うかつ”なツイートを続けるマスク氏。「わざとやっているのでは?」と見る向きも少なくない。ヤフーニュースのコメント欄には、

マスクが市場を荒らすね。上がった後に暴落が待ってるだろうな

これみんな真似して公表しだすね。インサイダー止まらん

「そろそろ市場操縦で逮捕してください

「もうあんたは仮想通貨や株式市場に手も口も出すなよ。大迷惑なんだ

といった声が寄せられ、炎上気味だ。

ベンチャーキャピタル「リブライトパートナーズ」代表の蛯原健氏も、ツイッターで次のように苦言を呈している。

会社の私物化であり同社ボード(注・取締役)は同氏に厳重注意すべき事案。しないだろうけど。SECは何してるんですかね。稼ぎ頭でみんなのヒーローだからってここまで舐められちゃって、こんなに怠けてたら政治にやりこまれるのでは

蛯原氏が指摘するように当局、つまり、証券取引などを監督する米国証券取引委員会(SEC)が介入する可能性が想起されるが、SECのゲーリー・ゲンスラー委員長は今年8月の記者会見で、「仮想通貨の現状は無秩序」とし、規制整備の必要性を強調。マスク氏はテスラ株売却に関するツイートをきっかけにSECに摘発され、自身と会社がそれぞれ2000万ドル(約22億円)を国に支払うなどの和解をさせられたが、仮想通貨に関しては取り締まりの動きは表面化していない。

関連記事

編集部おすすめ

ランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事