アメリカは「内戦」に近づいている?トランプ信者が加速させた米国内の分断

【展望2022】“内戦研究者”の興味深い分析、分断回避の道は?
地政学・戦略学者/国際地政学研究所上席研究員
  • 米議事堂襲撃から1年、日本メディアが報じない内戦の萌芽とは?
  • 世界の内戦を研究してきた学者「米国内の内戦勃発の可能性」指摘
  • 全米3億人のうち「トランプの勝利は盗まれた」説に同意した人の数は…

振り返ってみれば、すでに去年となった2021年には、国際的に実に大きな動きがあった。世界的には米中の対立が深まったこと、アメリカがアフガニスタンから撤退したこと、さらには新型コロナウイルスに対するワクチン接種が世界中で始まったことが最大のニュースと言えるかもしれない。

だが見逃されがちなのが、アメリカが「内戦」の一歩手前まで来ているという解釈が信憑性を帯びてきたという事実だ。

実にショッキングな話だ。だが、もし本当にこれが起こったとすれば、東アジアの同盟国である日本にとっても大きな影響を及ぼすことは確実なために、看過できない話だ。もちろん起こるかどうかは「神のみぞ知る」なのだが、なぜそこまでリスクがあると見られているのか、その理由を簡潔に説明してみたい。

2021年1月6日、米議事堂を占拠したトランプ支持者たち(写真:AP/アフロ)

この記事は会員限定です。ぜひご登録いただき、続きをお読みください。サブスクなら読み放題です。

 
地政学・戦略学者/国際地政学研究所上席研究員

関連記事

編集部おすすめ

ランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

人気コメント記事ランキング

  • 週間
  • 月間

過去の記事