あの稲本潤一が「南葛SC」に移籍、しかも報酬の一部はトークン払い!

キャプ翼ゆかりのクラブ、「選手とWin-Winな関係性」狙う
ライター/SAKISIRU編集部
  • 関東サッカーリーグ1部の「南葛SC」の選手報酬の一部をトークン払いへ
  • 支払い対象のクラブ新加入選手に元日本代表の稲本潤一選手も
  • 稲本選手の移籍発表が唐突で、サッカーファンの注目はそっち?

ブロックチェーン技術を利用したトークン発行型クラウドファンディングサービス「FiNANCiE」を提供する株式会社フィナンシェ(東京都渋谷区、代表取締役・國光宏尚)は、18日、関東サッカーリーグ1部に所属するクラブ「南葛SC」が来季の選手報酬の一部をトークンで支払うと発表した。

世界的サッカー選手であるメッシ選手の給与や契約金の一部をクラブトークンで支払ったという報道が昨年あったが、国内スポーツクラブとしては初めての取り組みとなる。しかも、その対象に入るのがW杯3大会出場経験を持つビッグネーム、元日本代表の稲本潤一選手だ。

フィナンシェ・プレスリリースより

南葛SCが発行するクラブトークンは、保有することでクラブ発の投票企画への参加や、トークン保有者限定の特典への応募などができる。18日15時時点の価格は、1トークン=32.8182円。

南葛SCは、1983年に発足した「常盤クラブ」が母体のクラブチーム。2013年に人気漫画「キャプテン翼」の作者・高橋陽一氏を後援会長に迎えたことを機に、主人公の大空翼が小学生時代に所属していた「南葛SC」にクラブ名を変更。高橋氏は現在、同クラブのオーナーを務めている。「葛飾からJリーグへ」をテーマに、東京都葛飾区周辺地域をホームタウンとし、将来のJリーグ入りを目指している。

モバイルゲームのgumi創業者としても知られる、フィナンシェの代表取締役・国光宏尚氏は次のようにツイートし、給与の一部をトークンで支払うことの意義を強調する。

国内初!サッカークラブ「南葛SC」と「SHIBUYA CITY FC」、選手への報酬の一部にクラブトークンを採用しました〜!

単純に給与だけよりトークンで支払うことで、クラブと選手がWin-Winな関係性を築けるようになると思います!

唐突に発表された「稲本選手加入」

一方で、サッカーファンにとっては、まだ目新しい取り組みである、給与の一部をトークンで支払うことよりも、稲本選手の加入そのものにサプライズがあったようだ。実はリリースの発表はいささか唐突だった。

そして今回、稲本潤一選手の南葛SCへの入団に際して、その報酬の一部をFiNANCiE(フィナンシェ)の南葛SCクラブトークンにて支払われることになりました。稲本選手にもトークンホルダーとなっていただき、南葛SCファンコミュニティを盛り上げていただく予定です。

フィナンシェ・プレスリリースより

18日15時時点では、クラブの公式ホームページでも発表されていない。クラブ公式ツイッターで稲本選手の加入が発表されたのが18日12時5分、このリリースが発表されたのが12時6分。稲本選手の加入情報はこのリリースがほぼ初出というわけだ。

稲本選手加入のニュースに沸き立つ南葛SCファンは数多い。

おぉぉぉ!決まった!南葛!!!イナさんの応援に行きたい

ちょっと待って!ちょっと待って!!!本当に??!!!!

南葛ガチだ!!!すげぇチームになってきたwww

選手報酬の一部をトークンで支払うことでどのような効果が得られるのか、クラブ経営にはどのように影響するのか、そして、稲本選手がどのような活躍を見せるのか。さらに、南葛SCの悲願であるJFL昇格を果たせるか。

J1リーグから数えて5部相当の地域リーグに所属する南葛SC。相当のサッカーファンでなければ、あるいは地元のチームでなければ5部相当のチームに関心を寄せるということはないだろう。しかし、今年の南葛SCは全国のサッカーファンはもちろん、NFTやトークンに興味がある人たちからも注目を浴びそうだ。

関連記事

編集部おすすめ

ランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事