西村賢太さん急死。石原慎太郎さん追悼手記から3日後の訃報にネット驚き

掲載の読売新聞も「にわかに信じられません」

2011年に『苦役列車』で芥川賞を受賞した作家の西村賢太さんが5日朝、入院先の病院で亡くなったことがわかった。54歳。

西村さんはわずか3日前、読売新聞に今月1日に死去した石原慎太郎さんの追悼手記を寄稿したばかりで、ネット上のファンに衝撃が走ったばかりでなく、読売新聞もツイッターで「にわかに信じられません」と投稿、驚きを隠せなかった。

芥川賞・直木賞贈呈式後、石原慎太郎さん(左)と握手する西村賢太さん(写真:毎日新聞社/アフロ)

読売新聞オンラインが5日午後に配信した速報によると、西村さんは前日夜に乗っていたタクシーで体調を崩し、搬送先の病院でそのまま帰らぬ人になったという。

西村さんは亡くなるわずか3日前の2月2日付の読売新聞に「胸中の人、石原慎太郎氏を悼む」と題した追悼文を寄稿したばかりだった。若い頃からの肉体労働を創作に活かしてきた西村さんは、日雇い労働後の読書で石原さんの作品を楽しんでいたといい、デビュー作の『太陽の季節』などの代表作だけでなく、『汚れた夜』を引き合いに石原さんのハードボイルド作品での筆致を激賞。

手記では、敬愛する大先輩の訃報に接して「虚脱の状態に陥っている」「私が好んだ存命作家は 唯の一人もいなくなってしまった」と嘆き、自身が芥川賞受賞の際、念願かなって対面がかなった石原さんから開口一番に「お互い、インテリヤクザ同志だな」と声をかけられ、その言葉をずっと胸中に掲げてきたという。

読売新聞のエンタメニュースのツイッターアカウントは西村さんの訃報直後、「にわかに信じられません 先日、石原慎太郎さんがお亡くなりになった際、 翌日の朝刊文化面で追悼原稿を寄せてくださったばかりです 西村賢太さん、ご冥福をお祈りします」と投稿。続けて、追悼文の紹介にあたり、「こんな見事な原稿をほんのわずかな時間で寄せてくれていました」とエピソードを披露していた。

読売新聞オンラインでは当初、西村さんの「遺作」となった石原さんの追悼手記は会員限定のコンテンツにしていたようだが、急遽無料開放に切り替え、5日17時30分現在、同オンラインのアクセスランキングで1位に急浮上している。

ツイッターでは、

西村賢太さんこないだ読売で石原慎太郎の追悼文書いたばかりじゃん。びっくり。

後を追うような死だ。

石原さんが亡くなった翌日、めずらしく新聞各紙をとってひと通り目を通したが、読売の西村賢太氏の追悼文が群を抜いて良かった。若干、氏を持ち上げすぎな部分は否めないが、この文章を書いた数日後に亡くなるとは。。御冥福をお祈りします。

などと驚きが広がっていた。

 

関連記事

編集部おすすめ

ランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

人気コメント記事ランキング

  • 週間

過去の記事