ロシアで外国ブランド“乗っ取り放題”の法律が施行、日本のネット民「中国以下w」の失笑も

特許権を実質無効に、勝算あるのか
ライター/SAKISIRU編集部
モスクワ市内のスターバックス(昨年8月撮影:anouchka /iStock)

ロシア政府は6日、特許権などにまつわる法律を一部改正した。ロシアの法務情報のポータルサイトに次のような条文が掲載された。

ロシアの法人および個人に対して、不親切な行動をとる外国に関連する特許権者に関連して(特許権者が州の市民権を持っているかどうか、登録場所、主要な事業活動の場所、または主要な場所を含む利益や活動はこれらの州に相当する)、補償額は実際の収入の0%とする。

不親切な行動をとる外国」とは、7日にロシア国営イタル・タス通信が報じた、アメリカ、カナダ、EU全加盟国、日本などの主に西側の48の国・地域を指すとみられる。「特許権者の補償額を実際の収入の0%とする」ということは、ロシアでは実質的にブランドの乗っ取り放題ということになる。

たとえば、アメリカ企業のスターバックスマクドナルド、日本の任天堂などがこの日までにロシアからの撤退や事業の一時停止を決めているが、条文を素直に読む限りは、ロシア人がこれらの企業ブランドを勝手に名乗って商売をすることも可能になるように見える。「補償額は実際の収入の0%とする」というのだから、スターバックスやマクドナルド、任天堂にロイヤリティを支払う必要はない。

米アップル社もサービスを停止しているが、これからロシアで販売される「MacBook Pro」とロシア以外の世界各国で販売される本来の「MacBook Pro」では、名前とロゴ、見た目は同じでも中身は全く違うという状況になることも十分考えられるわけだ。

モスクワ市内のマクドナルド店舗(2018年撮影:mgrushin /iStock)

ロシアの先鋭化、ネットでネタに

このニュースを受け、ネット上ではロシアの暴挙にあきれ返るユーザーのほか、ロシアの急激な先鋭化をネタとして楽しむユーザーも散見できた。

ロシア製=違法コピーになってルーブル払い圏以外では無価値になるんじゃないか?

中国以下wこんな国はもう二度と国際的に信用されないね

ソフトウェアをコピーしてももう更新できないからセキュリティ上の不具合とかそのままだろ。アノニマスの餌食になりたいのか?w

鎖国政策決定ですかwww

うわwww世界の秩序を全否定wwwこりゃ世界中が敵に回るわ

イタル・タス通信が、「西側諸国の新たな制裁により生じたサプライチェーンの断絶や、商品・サービスの不足が市場に与える影響を緩和できる」と報じていることからも分かるように、ロシア政府は日に日に不便になる生活に疑問を覚えるロシア国民が蜂起することを非常に恐れていると思われる。だから、表向きスターバックスはスターバックスのまま、マクドナルドはマクドナルドのまま営業できる、国際常識からいえば無理筋の法律を通したのだろう。

しかし、パクリ商品でロシアの人心をつなぎとめることはできるのだろうか。昨日までのビッグマックの味と違う、となれば人心はより離れていくと思うのだが、実際のところはどうなのだろうか。ロシア政府にきちんとした勝算があってやっていることなのだろうかと、疑問に思わざるを得ない。

関連記事

編集部おすすめ

ランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事