アメリカによるウクライナ支援の葛藤と限界、これらを浮き彫りにする分析法とは

佐々木れな『国際問題:リアルとセオリーの結節点』#2
ジョージタウン大学外交政策学修士課程在学
  • 進行中の紛争を国際政治理論から読み解く。第2回はアメリカのウクライナ支援
  • バイデン政権が取ってきた8つの手段を分析する“MIDFIELD”とは?
  • 一方で国民は支援に不満の様子。政権が抱える葛藤とは

この連載の目的は、今世界で起きている国際問題を、国際政治学の理論やフレームワークで説明することである。理論やフレームワークは、今起きている国際問題の複雑な情報を構造化し、論理的に思考する一助となる。第2回は、アメリカによるウクライナ支援を取り上げる。

Yaraslau Mikheyeu /iStock

アメリカとウクライナの関係

この記事は会員限定です。ぜひご登録いただき、続きをお読みください。サブスクなら読み放題です。

 
タグ:
ジョージタウン大学外交政策学修士課程在学

関連記事

編集部おすすめ

ランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

人気コメント記事ランキング

  • 週間

過去の記事