ウクライナ政府が動画で昭和天皇とヒトラーら並べ炎上、削除と謝罪騒ぎ

日本の保守層激怒「散々日本に支援を要請しておきながら...」

ウクライナ政府が4月上旬、公式ツイッターに投稿した動画で、ヒトラーやムッソリーニと昭和天皇を並び立てていたことがわかった。動画に気づいた日本のSNS上で非難が巻き起こる事態に発展し、ウクライナ側は24日(日本時間25日未明)動画を削除。昭和天皇の写真を取り下げた訂正版を出し直すとともに、日本国民に謝罪する一幕があった。

ウクライナ政府の動画スクリーンショットより

ネット上に残る情報から動画は4月1日に投稿されていたと見られる。動画の主題は、ナチスやファシズムを引き合いにロシアのプーチン政権を非難するものだが、問題の昭和天皇の写真が出てくるのは動画の後半だったこともあってか、すぐには日本人に気づかれなかったようだ。

しかしこの週末、日本の保守層を中心に動画を問題視する意見が続出。民族団体、一水会の公式ツイッターは24日昼過ぎ、「ヒトラー、ムッソリーニと一緒に何と昭和天皇の顔まで出している。レイシスト認定とその様な歴史観だ。散々日本に支援を要請しておきながらこれだ」と怒りの投稿。

日本維新の会音喜多駿政調会長も「昭和天皇を極めて不適切な文脈で出されているこちらの映像については、一刻も早く撤回されることを強く強く望みます」と忠告した。

騒ぎを受け、自民党外交部会長佐藤正久参院議員はツイッターで「外務省欧州局等に、早急に対応を取るよう申し入れております」と投稿。外務省からウクライナ側に申し入れた模様だ。

これらの騒ぎを受け、駐日ウクライナ大使館は、コルスンスキー大使が24日夕、ツイッターで自国政府にウクライナ語でリプライを送る形で、「この場面で、戦争勃発やファシストのイデオロギーとは無関係だった天皇の写真を使用しています。日本の人たちが(写真使用が)フェアではなく、歴史的事実に応じたものではないため、非常に腹を立てています。訂正することをお勧めします。日本は私たちの最大の味方の国の一つです」と呼びかけていた。

日本側からの働きかけを受け、ウクライナ政府は24日深夜(日本時間)、昭和天皇の画像を削除した訂正版の動画を投稿するとともに、「以前のバージョンのビデオで間違いを犯したことを心からお詫び申し上げます」と謝罪した。

今回の騒動についてジャーナリストの有本香氏は一夜明け「今回の件を機に、日本当局は長年の情報発信の脆弱さを改めるべきだ」とツイートし、国際的な歴史認識の問題が是正できていない問題点を指摘していた。

ただ、ネットでは保守層の感情的な反発だけでなく冷静な見方も。近現代史研究者で、『天皇のお言葉 明治・大正・昭和・平成』などの著書がある辻田真佐憲氏は「昭和天皇の写真が削除され再アップされた模様(仕事早)。正しい知識がどうこうよりも、損得を勘案したのでしょう。昭和天皇を入れたほうが西側諸国にアピールし、国益にかなうならまた入る。ウクライナに限らず、プロパガンダなんてそんなもの。だから、それ以外のものにも冷静にならないと。。」と割り切った見方を示す。

リベラル系の有識者では、「13歳からの天皇制」などの著書がある弁護士の堀新氏が「乱暴な言い方をすれば『第二次大戦で負けた側(日独伊)は”悪”』という従来の秩序意識が変わるわけではなく、ただロシアが新たにその”悪”の側に放り込まれるという点だけが変わるわけである。 ゼレンスキーの真珠湾発言とか、ウクライナ政府公式の”ファシズム3人”映像は、このことを象徴している」などと独自の見解を示していた。

関連記事

編集部おすすめ

ランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事