【AI速報】岸田首相が緊急記者会見、「卑劣な蛮行、決して許すことはできない」

「安倍元総理が何とか一命を取り留めていただくよう、心から祈りたい」

8日午前11時30分ごろ、奈良県奈良市の大和西大寺駅近くで街頭演説中に自民党の安倍晋三元首相が男に襲撃された。これを受けて、急遽、遊説先の山形県から帰京した岸田首相が、首相官邸で記者会見に応じた。

SAKISIRU編集部は、AI録音文字起こしのアプリサービスを使い、岸田首相の代表質問への回答の文字起こしを実施した。

官邸に急きょ戻り記者会見した岸田首相(8日昼、官邸サイト)

――日本テレビ、渡辺です。代表質問が2つありますので、1つずつお伺いします。安倍元首相が街頭演説中に銃撃され心肺停止との情報ですが、現状把握している容体や情報について教えてください。また、受け止めと、政権運営に与える影響についてお考えをお聞かせください。

「本日午前中昼前ですが、奈良県において安倍晋三元総理が銃撃をされ、そして今現在深刻な状況にあると聞いております。今、懸命の救急措置が行われていると承知しています。まずは、安倍元総理が何とか一命を取り留めていただくよう、心から祈りたいと思っています。今回の犯行の背景についてはまだ十分把握できてはおりませんが、いずれにせよ、民主主義の根幹である選挙が行われている中で起きた卑劣な蛮行であり、決して許すことはできないと思っています。最大限の厳しい言葉で、非難いたします。」

「政府としては、今後、あらゆる事態を想定し対応できるよう万全の対応をしていきたいと思っています。今、懸命の救急救命措置が行われている最中ですので、ご質問の、今後の政局に与える影響等は今、触れるべきではないと思いますし、私自身もそうしたことを考えてはおりません。まずはこの現実の厳しい状況に対して、救命救急措置等がしっかりと行われる、政府としてはあらゆる事態に対応できる万全の措置の用意をする。これが大事であると思っています。」

――本日の対応で決まっていることがあれば教えてください。また、自民党総裁として閣僚を帰京させましたが、今後の選挙戦についてどう対応するお考えかお聞かせください。

「この後、閣僚を全て帰京させたいと思います。閣僚を集めて、今回の事態についての認識、そして政府としての対応を共有し、そして確認をする。これを行いたいと思っています。今後の選挙等の日程については今、何も決まっておりません。今後の事態をしっかり把握した上で、適切に対応していかなければならないと思っています。」

関連記事

編集部おすすめ

ランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事