AI 時代へ、子どもたちを解放すべき「不安」とは?

【前編】鈴木寛×重松大輔「AI 時代の教育とキャリア」
  • 元文科副大臣の鈴木寛氏と起業家の重松大輔さんがこれからの教育を議論
  • 都会の受験エリート養成に違和感、ノーベル賞は地方出身のほうが近い!?
  • 重松さんも同意。鈴木さんが「日本の教育政策の最大の課題」と指摘するのは…

【編集部より】この国はいつまで昭和型の教育方式を続けるのか?日本が長期停滞しているのは教育も要因ではないのか?

大学教員、政治家の立場から数々の教育改革を主導してきた“スズカン”こと鈴木寛さんと、起業や3人の子育てを通じ、昨今の日本の人づくりに問題意識を抱くスペースマーケット社長の重松大輔さん。子どもたちが夏休みシーズンのいま、これからのキャリアと教育を論じます。(収録は6月中旬に行いました)

鈴木寛さん(左)と重松大輔さん(撮影・武藤裕也)

都会の受験エリート養成に違和感

【鈴木】重松さんはお子さんを西日本のボーディングスクールに通わせておられるとか。いま何年生ですか。

【重松】3人いて上から中1の長女、小4の長男、小2の次男です。長女は小学校まで都内の私立だったのですが、この春から九州にある、都内の私立大学系続の中学に入りました。親元を最初に離れたのは長男で、2年前に中国地方で当時開校したボーディングスクールに1期生として入り、次男も続きました。

【鈴木】まだ3人とも小さい。それは寂しいでしょう。 

【重松】寂しいですよ(苦笑)長男が入学した時には妻は泣き通しでした。

重松大輔(しげまつ・だいすけ)株式会社スペースマーケット代表取締役社長。1976年千葉県生まれ。千葉東高校、早稲田大学法学部卒。2000年、NTT東日本入社。主に法人営業企画、プロモーション等を担当。2006年、(株)フォトクリエイトに参画。一貫して新規事業、広報、採用に従事。同社にて東証マザーズ上場を経験。 2014年1月、(株)スペースマーケットを創業。19年11月東証マザーズに上場した。2016年1月、一般社団法人シェアリングエコノミー協会を設立し、代表理事に就任(22年3月に退任し、現在は理事)

【鈴木】ご長男の学校は私も視察に行ったことがあって緑豊かで、施設も含めて非常にすばらしい環境です。入学のきっかけは?

【重松】長男は姉(長女)と同じ小学校で、コロナ禍の最初からオンライン対応もしていて、非の打ち所がないすばらしい学校でした。ただ、夏休みのときに“武者修行”のつもりで、いまの学校が開催しているサマースクールに入れてみたのですが、帰ってきたら自分から「俺、ここに転校したい」と気に入ってしまったんですね。私も妻も驚きましたが、「自立したい」という気持ちが強かったのです。次男は「お兄ちゃんがいるから僕も」とすんなり(笑)。 

【鈴木】それでもよく快く送り出しましたね。東京にお住まいの経営者ですと、往々にして伝統的な名門校にお子さんを入学させるご家庭が多い。どんな思いがおありでしたか。 

【重松】私自身は千葉出身で、高校までは公立。大学だけが私立(早稲田)に行ったのですが、開成高などの都内の有名私立高出身の友人たちが小さい頃から受験勉強をしていた話を普通にしていて、東京が「特殊」に感じたのですね。それでさらに今度は親になると、自分の育った時代より、都内ではこの少子化にもかかわらず、受験戦争が低年齢化して過激になっていると感じました。長女だけは中学受験の勉強を一時やっていたのですが、その中身を見たら重箱の隅をつつくようなことをやっていてビックリしました。

【鈴木】既存の“受験エリート養成コース”に違和感があったわけですね。

【重松】はい。長女の友だちもたくさん進学塾に通っていて、医者のご家庭も多い。それで将来なりたい職業と聞いたら皆さん「とりあえず医者になりたい」って答える。そういう「お決まり」パターンに違和感が大きくなっていきました。

ノーベル賞は地方出身が近い!?

【重松】私が育った千葉は東京の隣県ではありますが、県立の千葉高校が東大に毎年20人前後の合格者を出しているように、公立の存在感がまだ残っている地方色があります。千葉東高出身の僕自身もそういう中で育ってきて、高校時代はラグビー部で競技に熱中し、勉強以外のことに触れる機会も多かったのです。

10代はやんちゃなことをやってもいい環境って結構大事だと思うのですよね。友人の同世代の経営者を見ていても受験一筋のエリートとは違う人たちが多い。前から思っていたのですが、日本人のノーベル賞受賞者が、地方の高校出身者が多いのは偶然ではない気がします。

【鈴木】歴代のノーベル賞受賞者に地方の学校出身者が多いというのは、鋭いご指摘です。先生方の出身大学を見ると、化学賞の下村脩先生は長崎大学。近年では物理学賞の梶田隆章先生が埼玉大学、同じく物理学賞の中村修二先生は徳島大学、医学・生理学賞の山中伸弥先生は神戸大学。梶田先生は大学院こそ東大でしたが、学部に関して言えばノーベル賞を取るには東大に行く必要はないことがわかります(笑)

鈴木寛(すずき・ひろし)東京大学教授、慶應義塾大学教授、社会創発塾塾長
1964年兵庫県生まれ。灘高校、東京大学法学部卒。1986年通商産業省(現経済産業省)に入省。山口県庁出向中に吉田松陰の松下村塾に何度も通い、人材育成の大切さに目覚める。1999年、慶應義塾大学SFC助教授に転身。2001年〜13年、参議院議員。09年〜11年、文部科学副大臣。高校無償化、コミュニティスクールなどを実現。2015年〜2018年、文部科学大臣補佐官として大学入試制度改革に尽力した。通産省時代から私塾「すずかんゼミ」を開催。歴代の主な教え子に川邊健太郎氏(Zホールディングス社長)、出雲充氏(ユーグレナ社長)、城口洋平氏(エネチェンジCEO)ら起業家も多い。

【重松】スズカン先生から見て、東京の受験エリート育ちと、地方出身で大成する人の学びの環境でどのあたりが違うと思いますか?

【鈴木】子供によって早熟なタイプもいれば晩成型もいます。東京の中学受験で難関校に合格するのは、それこそ小学校受験で3歳から毎週テストをこなしてきたような早熟型だったりします。しかし成長期は人それぞれです。実際、私の教え子で地方出身の東大生がいるのですが、幼少期のテストの点数はよくなかったという面白い話があるんです。

いま日本の教育政策の最大の課題と思うのは、中高生の自己肯定感の圧倒的な低さです。都会だと、子どもの頃からダメ出しされてそれに耐え抜いた子が東大や早稲田、慶応に一般入試で入ってくる。20世紀はそれでもよかった。高品質なものづくりの時代はそういうミスのない人材が求められたからです。

研究職は「自己肯定感」が大事(somethingway /iStock)

【重松】いまや間違い探しはAIやロボットがやってくれますからね。自己肯定感のない人はスタートアップなんかやっていられません(苦笑)

【鈴木】ノーベル賞を取るような研究は、ベンチャー以上に成功率が高くないと思えるくらい過酷な世界です。青色発光ダイオード(LED)で物理学賞を取った天野浩先生は、結晶を生み出す実験に3000回も失敗して初めて成功したものです。

【重松】スタートアップもトライ&エラーの積み重ねですが、3000回はすごい!イノベーションなんて光のない夜道を突き進むようなものですから、スズカン先生が仰るように、子どもの頃から不安の連続に陥れられて、重箱の隅を突きまくる勉強だけしていたら、イノベーターとしてのメンタリティが育ちにくいでしょうね。

長女が中学受験に合格した後の春休み、友だちが家に遊びに来ていたんですが、「午前中はまた塾があって」なんて話しているんです。受験から解放された春休みなんて最高に楽しいのに(笑)。もう難関大学に向けて塾通いを始めているのを目の当たりにすると、ある種の“不安マーケティング”に陥ってしまっている感じがします。

【鈴木】受験業界の不安マーケティングには実は開成や麻布の先生方も困っているんです。

【重松】それは興味深いですね。

後編に続く

関連記事

編集部おすすめ

ランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事