“親ロシア派”ハッカー集団、ミクシィを攻撃も…ネット民「10年ログインしてない」

「情報が古すぎる」「超久しぶりにログインした」の声も
ライター/SAKISIRU編集部
  • “親ロシア派”ハッカー集団のキルネットが、ミクシィにサイバー攻撃
  • 「日本で2番目のソーシャルネットワークを使えなくした」とドヤ顔も…
  • 日本のネット民「久しぶりにログインした。懐かしいな」「情報が古すぎる」の声

親ロシアのハッカー集団が、日本発のSNS「ミクシィ」をハッキングした。親ロシアのハッカー集団「キルネット」は6日、通信アプリ「テレグラム」で「日本で2番目に大きいソーシャルネットワークを使えなくした」としたうえでミクシィへのハッキングを明らかにした。

vchal /iStock

「もう10年くらいログインしてないや」

ハッキングを受けて、ミクシィはつながりにくくなった模様で、ミクシィの公式アカウントは7日午前、次のようにツイートし、現在は復旧していることをユーザーにアナウンスしていた。

昨日はアクセスしづらい時間帯があり、ご迷惑をおかけいたしまして申し訳ございませんでした。現在平常通りに戻っております。引き続きmixiをよろしくお願いいたします。

キルネットは、「日本で2番目に大きいソーシャルネットワークを使えなくした」と得意げだったが、多くの日本人は、このニュースで初めてミクシィがつながりにくくなったことを知ったのではないか。ツイッターでは、次のような反応が多かった。

「まだ使ってるヤツいるの?」

なぜそこを選んだ

もう10年くらいログインしてないや

また、この機会に久しぶりにミクシィにログインしたというユーザーも多数いた。

ロシアがmixi攻撃したって聞いたので久しぶりにログインしてみた。懐かしいな

mixiがロシアから攻撃されたらしく、久しぶりにログインしてみたら10年以上前の書き込みがそのまま残ってて懐かしくなった。

超久しぶりにミクシィにログインしたら、11年前に友達からメッセージ来てた

現在の利用者数は100万人ほど

2004年2月にサービスを開始したミクシィは順調に会員数を伸ばし、2007年には会員数1000万人、サービス開始から6年後の2010年には2000万人を突破した。

その当時、創業者の笠原健治社長(現会長)は、「ゆくゆくは3000万人、4000万人を目指したい」と述べていたが、オープン化や米フェイスブックの日本上陸など他社SNSの台頭で低迷。メディアの視聴者動向を分析するニールセンの調査によると、2018年10月から2019年3月の月間平均利用者数は約106万人だった。ミクシィの同名運営会社も今では主力事業をスマートフォン向けのゲームなどに移行して久しい。

株式会社ミクシィは社名も10月から「株式会社mixi」に商号を変更。ロゴも変貌(プレスリリースより)

ミクシィの栄枯盛衰の中、他社SNSは順調に日本で会員数を伸ばしている。日本で最も利用者が多いラインの月間利用者数は2022年時点で約8300万人。2位のツイッターは4500万人、3位のインスタグラムは3300万人、4位のフェイスブックは2600万人、5位のティクトックが950万人だ。

ツイッターなどのSNSでは、ミクシィがサイバー攻撃をされたことを受け、「情報が古すぎる」といった声も散見された。確かに、十数年前であれば日本社会に大きなインパクトを与えられたのかもしれないが、今、ミクシィをサイバー攻撃したとしても影響は限定的だ。たとえば、ラインがサイバー攻撃によって1日使えないとなったら、困る人が続出するだろう。本当に情報が古すぎたのか、それとも、ラインやツイッターでは影響が大きすぎるから躊躇したのか。

なお、キルネットはミクシィのほか、デジタル庁、東京メトロ、大阪メトロ、名古屋港などへのハッキングを明らかにしており、いずれのホームページも一時つながりにくい状況になったが、8日午前時点ですべて復旧している。

松野官房長官は7日、「デジタル庁所管の『e−Gov』ほか、計23サイトなどで一時閲覧ができなくなりましたが、情報の漏えい等は現時点で確認されていません」と述べた。

関連記事

編集部おすすめ

ランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事