ロシアより深刻な地政学リスク…アメリカで「内戦危機」を示す5つの論点とは

「内戦研究」最先端の知見と「中間選挙後」の展望
地政学・戦略学者/国際地政学研究所上席研究員
  • ロシアのウクライナ侵攻より深刻なアメリカの地政学リスクとは?
  • 世界の内戦研究で随一の専門家の著書をもとに5つのポイント指摘
  • 今のアメリカの危機は「第二段階」!? 内戦の回避は可能なのか

「地政学リスク」という言葉がある。

これは実際のところ、かなり曖昧な用語だが、現在における世界最大の「地政学リスク」といえば、なんといっても今年の2月から始まったウクライナに対するロシアの侵攻であることは間違いない。

ところがアメリカでは、これ以上に潜在的に深刻な影響があると考えられるリスクが指摘されている。それはアメリカの「内戦」の危機だ。

Delpixart /iStock

ウクライナ侵攻のロシアより深刻

なんとも荒唐無稽な話だ、と感じる方も多いであろう。ところがこのリスクの存在を無視してはいけないと警告して、アメリカで話題になっている本がある。

この記事は会員限定です。ぜひご登録いただき、続きをお読みください。サブスクなら読み放題です。

 
地政学・戦略学者/国際地政学研究所上席研究員

関連記事

編集部おすすめ

ランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

人気コメント記事ランキング

  • 週間

過去の記事