コロナ政局 #3 「安倍再登板」はあるのか?「左右分断」の問題

国民の意識、どうすれば変わるか
2021年06月18日 06:00
ライター・編集者
  • 「政界の人材がやせ細っている」と乾氏。安倍再登板はあるのか?
  • 政治は生活に直結するだけに関心高めるべきだが、ネットで極論が横行
  • 70年も現体制が続いてきた結果。「解決できるはずの基地問題も対立」

昨年、『官邸コロナ敗戦』(ビジネス社)を出版し、緊急事態宣言に追い込まれた日本政府の内幕を描いた産経新聞論説委員長の乾正人氏への連続インタビュー。今後の政局で気になる「安倍再登板」のシナリオ、そして、大きな改革に挫折し続けた平成以後の政治の問題について論じます。

首相在任中の安倍氏(官邸サイト)

人材不足で現実味「安倍再登板」の声

――今回のコロナ禍にしろ、震災にしろ、本来であれば危機の後には、その経験でぐっと伸びた政治家が出てきて、次世代のリーダーになるんじゃないかと思いますが、そういう期待や兆候はありますか。

 ありません。本当に困った問題で、政界の人材がやせ細っています。以前から言われていることですが、人材不足も極まっていますよね。だから「安倍再登板」という声が現実味をもって出てくることになる。世界的に長寿社会になっているから、70代の国家のリーダーも珍しくない昨今です。2020年の米大統領選なんて、候補者が双方ともに70代でしたから。そういう意味でも「安倍再登板」は十分、あり得る話です。

――乾さんが新聞社におられる間に、冷戦期、朝鮮半島危機、あるいは中国の軍事的拡大や災害などの大きな危機が何度も起きています。こうした危機を経て世の中の意識が変わったという感触はありますか。

 ありません。国民意識はまったく変わらない。

――右傾化した、などと言われますが。

 まったく変わらないし、これから変わることもないでしょう。でも少しでも「何かおかしい」と気づく人を増やしていくのが新聞、つまり報道や言論の務め。100人、1000人に発信しても、気づくのは1人しかいないかもしれないが、それでも続ける。我々の言っていることが常に正しいわけではない、ということを自覚しつつね。

左右が分断されていると大きな変革ができない

――地道にやっていくしかないんですね。

 地道に、当たり前のことをやるしかない。みんなが選挙に行って、「あの党やこの党」の支持者以外の人たちも、選挙にきちんと行く。政治は生活に直結するのだと考え、関心を持たなければなりません。そのためには学校教育も大事なんだけれど、あくまでもニュートラルに教えないといけないから、難しいのですが。「政治をやるのは変な人ばかり」というのはまあ事実ではあるけれども(笑)、それではいけない。普通の人が普通に政治に関心を持つところから始めないと。

electravk/iStock

――ネットのせいもありますが、どうも政治の議論では極端なものばかりが目立ってしまい、普通の人たちはうんざりして遠ざかっていくように思います。例えば「戦後日本の在り方」にしても、左右双方、「アメリカ頼みはよくない」と本当は思っているはずなのに、それが問題解消につながらず、お互いを叩く方向にエネルギーが向かう。その叩き方がえげつないので、どちらでもない人は議論の場から去ってしまう。

 そこが最大の問題です。人間関係もあるでしょうが、内ゲバと言うのは結局、感情的なところから始まるんですよ。

――大きな問題は努力してもなかなか変わらない。ふと隣を見れば、気に入らない奴がいる。ならばこいつを叩く方がいい、と。

 その方が快感だから(笑)。だから70年もこの体制が続いていて、本来、解決できるはずの沖縄の基地問題も対立してしまう。

愚直に言い続ける「憲法改正」

――保守としても、占領の継続として他国軍の基地が領土内にあるのはどうなのかという思いはあるのですが……。

 三島由紀夫がいみじくも言いましたよね。東大全共闘の学生を前に「『天皇』と諸君が一言言ってくれれば、私は喜んで諸君と手をつなぐのに」と。でもそれは達成されることなく、50年経っても何も変わっていない。

――やはり日本が占領されたから、そうなったのでしょうか。

 どの国にでも分断はあるだろうけれど、占領によってより鮮明になったんでしょうね。そうしたことの象徴がやはり憲法である以上、愚直に憲法改正を言い続けるしかない。共産党だって昭和40年代までは「自分たちが政権を獲ったら憲法を変える」と言っていたのだから、ぜひそのことを思い出してほしいですね。

(おわり)

※クリックするとAmazonへ

<おしらせ>
乾さんが出演する「就活に役立たない!? 乾正人のなるほどマルわかりニュース」

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でSAKISIRUをフォローしよう!

関連記事

ランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事