西牟田 靖

ノンフィクション作家/フリーライター
1970年大阪府生まれ。神戸学院大学法学部卒。旅行やサブカルをテーマにしたライターとして活動した後、アフガニスタンや旧ユーゴスラビアといった紛争地帯を取材したり、日本と旧日本領、日本の国境地帯を巡ったりというスケールの大きな行動力を武器に執筆活動を続けている。 近年は家族をテーマにしたライターとしても活動中。著書に『僕の見た「大日本帝国」』(新潮ドキュメント賞候補作)『誰も国境を知らない』『〈日本國〉から来た日本人』『本で床は抜けるのか』など。18人の父親に話を聞いた『わが子に会えない 離婚後に漂流する父親たち』(PHP研究所)を2017年出版。数年前に離婚を経験、わが子と離れて暮らす当事者でもある。

ランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事