【独自】沖縄で“アジビラ” 「中国への侵略戦争阻止」、講師役の「琉球新報」報道本部長の真意は?

名護市長選の投開票当日に講演
ライター
  • 那覇市内で「中国への侵略戦争阻止」とのアジビラが配布された
  • ビラに書かれた講演集会の講師役は、琉球新報報道本部長
  • 本部長に講演を引き受けた経緯や理由を聞いてみると…

沖縄・名護市長選の投開票が行われた1月23日、那覇市内で市民団体「改憲・戦争阻止!大行進 沖縄」による“アジビラ”が撒かれた。ビラは「沖縄をミサイル基地にするな! 辺野古新基地建設阻止!」の見出しとともに、「中国への侵略戦争阻止」と書かれた横断幕を持つデモ参加者の写真が掲載されていた。

23日夕県庁前で配布されていたビラのコピー。「中国への侵略戦争阻止」の横断幕を掲げるデモ写真や琉球新報報道本部長の講演登壇告知が

ビラの裏面には「対中国侵略戦争=改憲阻止の大運動を」、「岸田政権打倒の怒りの声と闘いを国会にたたきつけよう!」などとある。日本政府が中国に対する侵略戦争を決断しているので、それを阻止しなくてはいけない。こういう趣旨なのである。そして、この市民団体の依頼を受けて23日に行われた「講演集会」に講師として登壇したのが、沖縄の地元紙「琉球新報」の新垣毅・報道本部長だった。

政治的主張の強い団体からの招きで講師として参加することは、報道機関に携わる者として問題ないのだろうか。報道部長本人に聞いてみた。

この記事は会員限定です。ぜひご登録いただき、続きをお読みください。サブスクなら読み放題です。

 
タグ:

関連記事

編集部おすすめ

ランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

人気コメント記事ランキング

  • 週間

過去の記事