井上 久男

ジャーナリスト
1964年生まれ。88年九州大卒業後、大手電機メーカーに入社。 92年に朝日新聞社に移り、経済記者として主に自動車や電機を担当。 2004年、朝日新聞を退社し、05年、大阪市立大学修士課程(ベンチャー論)修了。現在はフリーの経済ジャーナリストとして自動車産業を中心とした企業取材のほか、経済安全保障の取材に力を入れている。 主な著書に『日産vs.ゴーン 支配と暗闘の20年』(文春新書)『自動車会社が消える日』(同)『メイド イン ジャパン驕りの代償』(NHK出版)など。5月には新刊『中国発見えない侵略!サイバースパイが日本を破壊する』(ビジネス社)で、LINE・楽天事件や内閣国家安全保障局内に経済班ができた背景などに迫る。

編集部おすすめ

ランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事