あの国に狙われているのは「脳」である 〜 SNS情報戦の現在地

長迫智子氏『情報戦2022「制脳権」の争いに迫る』#1
ライター・編集者
  • 「制脳権」の争いとも言われる情報戦の実態は?専門家の長迫智子さんに聞く
  • 「ディスインフォメーション」とは?フェイクニュースとは違うのか?
  • ウクライナ危機でのロシアの情報工作。情報統制しない民主主義はどう立ち向かう?

狙われているのは、私たちの脳である――。SNSや動画、ニュースサイトを装った情報発信など、さまざまな手法で私たちの「認知」そのものに影響を及ぼそうとする外国勢力の「工作」が、絶え間なく行われている昨今。

「制脳権」の争いとも言われる情報戦で飛び交う「ディスインフォメーション」に、日本はどう備えればいいのか。笹川平和財団安全保障研究グループ研究員で、サイバー安全保障に関する政策提言の取りまとめにも参画した長迫智子さんに聞いた。

ディスインフォメーションにさらされる日本

――「ディスインフォメーション(disinfomation)」とはどういうものなのでしょうか。

この記事は会員限定です。ぜひご登録いただき、続きをお読みください。サブスクなら読み放題です。

関連記事

編集部おすすめ

ランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

人気コメント記事ランキング

  • 週間

過去の記事