「台湾有事は日本有事」の前に抑えておくべきこと…日本人が知らない国際と軍事

「逆説の防衛論」元陸幕長が語るクールな安全保障 #2
ライター・編集者

世界でも極めて厳しい安全保障環境にある中、私たち日本が憲法や財政などの制約がある中で、どう国を守っていけば良いのか。元陸上幕僚長の富澤暉(ひかる)さんが語る「目から鱗」の防衛論をお届けします。(3回シリーズの第2回)

PhotoAC

護憲派も改憲派も国際法を理解していない

――ロシアによるウクライナ侵攻が始まって、よく見かけるようになったのは「日本もウクライナにならないように、専守防衛を捨て、憲法9条を変えよう」という改憲派の意見と、「憲法9条は、日本がロシアにならないために存在している」という護憲派の意見です。

【冨澤】私は改憲を強く望むものですが、この議論にはどちらもおかしなところがあります。

この記事は会員限定です。ぜひご登録いただき、続きをお読みください。サブスクなら読み放題です。

【おしらせ】冨澤暉さんも寄稿した「月刊正論」12月号、好評発売中です。

※クリックするとAmazonへ

関連記事

編集部おすすめ

ランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

人気コメント記事ランキング

  • 週間

過去の記事