「岸田首相=検討おじさん」ネットスラングはいつどこから広まった?

不名誉なあだ名返上なるか
ライター/SAKISIRU編集部

「検討おじさん」というスラングが、このところネット上で広まっている。岸田首相を「検討おじさん」と呼ぶネットユーザーが続出しているのだ。

「検討おじさん」と呼ばれ始めた岸田首相(官邸サイト)

ツイッターでは、

投資家から見放されている検討おじさん政権。

あの日刊ゲンダイにも「スガ以下」と言わせた検討おじさん。スガさんに失礼だろ

投資家の支持率を見たら検討おじさんの支持率は新聞各社と乖離してる実態が露わになったということかな。

検討おじさん政権は改めて適当なことを言ってるワイドショーの意向を大切にする頓珍漢政権であるということ

答弁の内容も薄い、検討おじさんが居座っている間は無理でしょうね…

といった具合で「検討おじさん」という言葉が使われている。

この「検討おじさん」という岸田首相を揶揄するかのようなあだ名はいつ頃、どのようにして広まったのか。どうやら、あるラジオ番組がきっかけのようだ。

この記事は会員限定です。ぜひご登録いただき、続きをお読みください。サブスクなら読み放題です。

 

関連記事

編集部おすすめ

ランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

人気コメント記事ランキング

  • 週間

過去の記事