【スクープ】「町田小6いじめ自殺」新事実浮上、真相解明のカギ握る遺書

調査委報告書「いじめだけが原因ではない可能性」、両親は虐待疑惑否定
  • 2020年11月に亡くなった町田小6女子の自殺の原因に新事実が浮上
  • 児童相談所が介入するなど、家庭環境に問題のあった可能性
  • 報告書は「いじめだけが原因ではない可能性」。両親は編集部の取材に…

今から約1年3カ月前の2020年11月30日未明、東京都町田市の小学校に通っていた上野香織さん(仮名、当時12歳)が、自宅で首を吊って亡くなった。残された遺書には、いじめを指摘する内容が残されていた。学校が児童に貸し出した「タブレット端末」のチャット機能が、いじめに使われた事件。こう聞くと、思い出す人も多いのではないだろうか。

自殺の原因を調査した報告書

小学6年生の女の子が、いじめを苦に自殺した痛ましい事件。これまでそのように報道され、町田市や学校側の対応を問題視する論調が圧倒的だったが、サキシル編集部が「町田市教育委員会いじめ問題対策委員会」の「重大事態調査経過報告書」を読み込み、さらに関係者への取材を通じて香織さんの遺書を入手した。これらを総合的に検討すると、報告書でも明記されているように、「いじめ以外にも原因があった可能性」が浮上している。

この記事は会員限定です。ぜひご登録いただき、続きをお読みください。サブスクなら読み放題です。

 

関連記事

編集部おすすめ

ランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

人気コメント記事ランキング

  • 週間

過去の記事