創刊SP対談 猪瀬直樹さん #2 テスラを買えばわかる

アラフォー世代へ。「時代の当事者」になるには
  • 猪瀬さん対談#2は、エネルギーの地殻変動と世代論がテーマ
  • 気候変動を引き合いに、世界情勢に疎い日本人の問題を考える
  • 新しい一歩を歩むには?アラフォー世代に猪瀬さんが説く心掛け

SAKISIRU創刊スペシャル対談第1回のゲストは、猪瀬直樹さん(作家、元東京都知事)。「#1」では、猪瀬さんが学生運動を体験した時代の話を引き合いに、コロナ禍で日常が失われた「時間」を個人がどう活かしていくべきかを語られました。「#2」では、ポストコロナを模索する私たちを取り巻くエネルギーの世界的な地殻変動について語った上で、SAKISIRUの主要読者であるアラフォー世代に向けて、リスクを取って新たな一歩を踏む意義などを新田編集長と議論します。

創刊SP対談 猪瀬直樹さん#2 テスラを買えばわかる

#1 「コロナで“止まった時間”を生かそう」はこちら

エネルギーシフトに見る世界の構造改革

【新田】日本がここから立て直すにはどうすればいいのでしょうか。それなりに尖ってる人がリスクを取ってリーダーシップを取っていくしかないと思うんですが…。

【猪瀬】産業側も受益者側も、既得権に安住している「構造」を変えていかないといけないのです。その一例が電力の構造。

この記事は会員限定です。ぜひご登録いただき、続きをお読みください。サブスクなら読み放題です。

 

関連記事

編集部おすすめ

ランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

人気コメント記事ランキング

  • 週間

過去の記事