日本の原子力技術“オワコン”にしてよいのか?ロシア・中国は着々と世界を席巻

【連載】今こそ論じたい「自由を守るエネルギー政策」#2
経済・環境ジャーナリスト
  • ロシアと中国が原子力プラントの世界への輸出に成功している
  • 日本の原子力産業は福島原発事故以来混迷。その間隙を突かれる
  • 今こそ産業振興と経済安全保障、中露封じ込めの視点で政策を練り直そう

ロシアは原子力発電プラントの輸出を重要な国策としている。それを示す不気味で不思議な話を紹介したい。
(関係者に迷惑をかけたくないので話は少しぼかしている)

諜報機関が動く?原子力ビジネス最前線

cyano66/iStock

2011年に東電の福島原発事故が起きる前に、原子力発電の導入計画が各国にあった。日本でも、いくつかの企業グループができ、海外での売り込みに動いていた。ある国でそうしたグループに、アメリカ人と自称する人当たりの良い白人と現地人の男性コンビが接近してきた。2人は商社を現地で経営し、手伝いたいという。調査などの仕事を任せ、関係が深まった。すると現地の日本大使館からグループに連絡が来た。

あの2人はロシアSVR(対外情報庁、諜報機関)の関係者らしい。気をつけてほしい」。いつもはビジネスを支援する大使館幹部が口重く、これだけ述べて会合を終えた。情報の出所は言わなかった。

この記事は会員限定です。ぜひご登録いただき、続きをお読みください。サブスクなら読み放題です。
タグ:
経済・環境ジャーナリスト

関連記事

編集部おすすめ

ランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

人気コメント記事ランキング

  • 週間

過去の記事