東京オリンピック、“ネガティブレガシー”を検証する

思考しない「グダグダ日本」の面目躍如
2021年08月12日 06:00
朝日新聞創業家
  • 東京オリンピックは「大問題の火種を残した」と村山恭平氏
  • 開会式のホロコースト騒動の対応などは「グダグダ日本の面目躍如」。
  • ポリコレ的な問題で吊し上げは続くか。クールジャパンは負けた

東京オリンピックが、今のところなんとか大過なく終わりました…のでしょうか。私はそうは思いません。いくつか、あとあと、「これもオリンピックなんかやったからだ」と言うはめになりそうな大問題の火種をいくつか残したようです。

突き詰めない「バブル」方式という欺瞞

まずはコロナ関連。そもそも「バブル方式」というのは、中を守るものなのか、外を守るものなのか。未だに分かりません。考えてみれば、これは主催者は曖昧にせざるを得ない問題です。「いくつかの不潔な国を含む外人から日本国民を守る」などと言おうものなら、世界中からバッシングされます。選手村では自慢の跳躍力や腕力を生かしてのバブル破りが流行するでしょう。

逆に、JOCが「世界中からいらっしゃるレジェンドの皆様を、緊急事態宣言中の危険なTOKYOから隔離する」などと言えば、日本選手やボランティアの安全にまで影響します。バブルの中では「外は危ない」と言いバブルの外では「中は危険」と言う、この曖昧戦略は、結果的にうまくいきました。ものごとを突き詰めて考えないグダグダ日本の面目躍如でしょう。

同じような例が、期間中、全選手にPCR検査を毎日するという話。本当にやったのかなんて、今では誰も興味を持っていません。

こういうグダグダ文化は、平時には快適に作用して、出来ないはずのこと(たとえば五輪)が出来たりしますが、非常時にはとてつもないことになります。実際、緊急事態宣言を出しても誰も言うことを聞かなくなりつつあります。辛うじて自粛が継続している飲食業界も、第6波あたりから強行平常営業にシフトしそうです。コロナに関して最大の負のレガシーは、無事に五輪が開催できたことかもしれません。

ポリコレ構造をグダグダにすることの危険性

他にも、思想的に深刻なレガシーがあります。
まず、開会式演出の「総合統括」であるS氏が、「女性差別」で解任された件です。タレントの渡辺直美氏にブタの格好をさせる演出を、立案したといのです。

このS氏の企画は、女性差別ではなく、あえて言えば肥満者差別でしょう。同じことを男性芸人にさせても十分成立するからです。そして、デブやハゲを笑うことを女性を貶めることと同列に考えていいかどうか。結構複雑な問題です。また、肥満体型をウリにしている芸人の場合、それを封印してしまうのは、営業妨害になりかねません。今回の渡辺直美氏本人の反応も微妙でした。

同様のグダグダのポリコレ構造が、はるかに深刻な形で露見したのが、同じく開閉会式の制作・演出のK氏の「ユダヤ人」問題です。議論が混乱しないように、はじめに私の結論を述べておきます。

大切なのは、一連の動きを見て、日本人のユダヤ人に対する見方はどう変化したか、ということです。厳密に言えば、今回の騒ぎがなかった(あるいは関係者があえて目をつぶっていた)場合と比べて、ユダヤ人に親しみを感じる日本人が「増えた」か「減った」かと言えば、自信をもって「減った」と言える点です。

今回、K氏が糾弾されたのは五輪と関係ないどころか、23年前の漫才師だったときのコントのネタ中でのことです。しかも、ナチスによるホロコーストを正当化したり、強制収容所の存在を否定したりしているわけではありません。「『ユダヤ人大量惨殺ごっこ』をやろうと言って、叱られた」という内容のギャグが出てくるだけのことです。念のために言えば、実際に『ごっこ』の場面があったわけではありません。

あえて言いましょう。通常の日本人の常識で言えば、「23年前、漫才師がネタの中で不謹慎な発言をした」というだけの「些細なこと」でしょう。さらに言えば、このギャグが成立するのは、「ユダヤ人虐殺は歴史上まれに見る悲劇で重く受け止めなければならない」という常識が当時からあったからです。

こうした常識をあえて笑うことを不謹慎と言います。問題は、芸人が舞台上でやる不謹慎がどこまで許されるかということです。組織委員会は通常の日本人の感覚と大きく乖離した決定を説明不足のまま行いました。

ユダヤ人サイドで誰が、どのような抗議をし、組織委は、それをどのような理論で受け止めて、こうした処分を下したのかが全く分かりません。それでも話が前に進んでしまうのは、物事を突き詰めないグダグダ文化の露出としか考えられません。

ホロコースト相対化が必要な3つの理由

暴力の「被害」というものは、被害者の立場と他の立場で、全く意味が異なります。例えば交通事故の犠牲に少年がなったとして、その母親にとっては世界の終わりでも、担当の警察官や新聞記者にとっては、毎年何千人いる交通事故死のうちのただの一人なのです。

同様にユダヤ人から見れば、ホロコーストは人類史上空前絶後、類を見ない凶悪犯罪であると考えるのは当然のことであり、一方、他国、特に発生から何十年も立ってからそれを考える他国人が、「もちろん良くないことではあるが、歴史上何回もあった大規模な虐殺のうちのひとつである」、という「冷めた」目で見ることも当たり前です。

ewg3D /iStock

ここで大事なのは、ユダヤ人に対して「ホロコーストも数ある虐殺のひとつ」という見方を強制してはならないのと同様、ユダヤ人が他国の研究者などに「歴史上、虐殺には2種類ある、ホロコーストとそれ以外である」というような立場を強要する、言い換えれば、ホロコーストの相対化を許さないのは、ユダヤ人を含めて誰の特にもならないと思います。

理由は3つです。ひとつは、ホロコーストを別格扱いするということは、ナチスドイツの政策をも別格扱いすることになり、ヒットラーは人類史上、別格な人間ということになります。これでは総統を神とするある種のネオナチの思想に近づ
いてしまいます。

もうひとつは、「ナチスのやったことは特別、私たちとは関係がない」と思い、教訓が生かされにくくなることです。ホロコーストの最大の教訓は、私たち人間というものは、一つ間違えれば、身の毛もよだつ大虐殺を計画したり加担したりしてしまうということのはずです。けれども、「ナチスは特別」と言ってしまうと、人類全体の戒めとしては弱くなります。

最後に、最も気の重い指摘ですが、「ナチスは特別」という感覚がユダヤ人の選民思想と結びつく危険、厳密に言えば「結びついていると解釈される」危険です。有り体に言えば「他民族ならともかく、ユダヤ人を虐殺するとはけしからん」という、鼻持ちならない選民思想を邪推されると、ユダヤ人に対する他民族のイメージをこの上もなく悪くしかねないということです。

グダグダ日本に負けたもの

今回、23年前のギャグという、多くの日本人の感覚から見れば些細な理由で、五輪に多大な影響がでたことで、「ややこしいから、今後ユダヤ人には関わりたくない」と思った日本人がどれぐらいいたかということです。「それでもいいから、自分たちの正義を主張する」と、多くのユダヤ人が考えるなら、私としては何も言うことはありません。

そういう意味で、今回の件で最大の被害者はユダヤ人で、二番目の被害者は、大会組織委員会とJOC、そしてIOCではないでしょうか。下手に演出なんかに参画して名前が出ると、過去のことをほじくり出され、少しでもポリコレ的な問題が見つかれば吊し上げにされ、他の仕事にまで悪影響が及ぶとなれば、名のあるクリエーターほど五輪から逃げたくなるでしょう。そしてその結果が、演出不在で「ありあわせのものを並べました」的な閉会式です。今後、五輪に限らず、日本国内のビッグイベントではこの傾向が続くと思われます。クールジャパンがグダグダ日本に負けたという訳です。

そういえば大会中に選手村でイスラエル代表が、9人がかりでジャンプし、名物の段ボールベッドを破壊するという動画の騒動がありました。もちろん、公共物を破壊するといのは良くないことですが、どうせ、使い捨てを意図した製品、むしろトップアスリート8人の攻撃に耐えたというのは、強度という点では金メダルもので、メーカーは大喜びでしょう。よって実害はあったとしても軽微です。

そして何よりも、ユダヤ人も私たちと同じように、ときには“アホ”になるということは救いだと思います。選民もなにもあったものではありませんよね。でも、この9人のうち誰かが、何かの迫害をうけるようなことになったら、救出のために出来ることはしたいな、と実感した日本人は私だけではないと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でSAKISIRUをフォローしよう!

関連記事

ランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事