松村 むつみ

医学博士、医療ジャーナリスト
2003年、名古屋大学医学部卒業後、国立国際医療センターで臨床研修医。 外科医を経て放射線科医への道を歩む。大学病院にて助教を勤め、放射線診断専門医、医学博士を取得。 現在はフリーランスの画像診断医として診察をする傍ら、医療ジャーナリストとして医療制度やがん、日本の医療の未来を中心とした記事の執筆を行う。 著書に『自身を守り家族を守る医療リテラシー読本』(翔泳社)、『「エビデンス」の落とし穴』(青春新書インテリジェンス)などがある。非医療職の夫、2人の子どもがいるワーキングマザー。

ランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事